こよ制作日記

Just another WordPress site

デッサン

描く時のサイクル

投稿日:

みなさん絵を描く時どんな事に気をつけて描いていますか?デッサン描いた事ある人ならばよく見て描け!!って言われた事ありませんか?笑 

僕も最初はよく言われました。でも「よく見ても描けねーし!!何を見ろというんだ!!!」って思ってました。前の記事に6種類の色があるってことを書きましたが、これを踏まえてもかけねえ、、、と四苦八苦していました。

ところがあるときから劇的にデッサンが伸びるキッカケがありました。

それは確認をするということを知ってからです。

確認!?

一言に確認が大事だ!!と言われてもわからないと思います。そこで下の絵を見てください!

確認というのは、見た情報を絵に描き出して本物と自分の描いたものと違いがないか?というのを確かめるということです。ただはじめのうちは確認と言ってもなかなかうまくはいかないものです。

確認の上手い人ほどデッサンは上手い

確認の仕方をたくさん知っている人は知っていない人に比べるととても有利です。例えるならゲームで戦うときに武器をたくさん持っているようなもの。空間が違っていないか、形の起こし方あってるか、光の印象大丈夫なのか、、などなど。間違っていると気づければ訂正できるので、より絵は完成度をあげます!なので確認の上手な人ほど上手いということが言えます。

どうやったら確認はうまくなるの?

確認の方法は星の数ほどあります。それに自ら確立していくものです。私もそこを鍛えるのに3年苦労しました。ただ、私みたいに3年かかる人もいれば、1年でいけちゃう人もいます。ではその違いは何か、、、それは気づくことです。どこを確認すればいいとか、簡単に言葉で表現するのは難しいですが、大きく4つあります。

光の方向:光がどこから当たっているのかを自分の絵と比較して見てください。

モチーフの印象:どういう質感なのか、ふわふわ?硬い?やわい?カサカサ?

立体感:モチーフと同じ立体感が表現できている?

空気感:モチーフを取り巻く空間が似ている??

この4つをベースにして自分の確認を鍛えていきましょう!

これは私の例ですが、一枚目が確認に気づきたての頃です。やっと全体のバランスが取れて来て、大きく間違えているところも少なくなった。というところでしょうか。ただここまでくるのに1年かかりました笑

それから3年後です

これが確認です。こんな感じとかこういう雰囲気とか、そういうニュアンスを感じ取ってもらえるだけでも大丈夫です!!

最後まで見てくれてありがとうございます!また来てくださいね!

-デッサン
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

(デッサン)絵を描けない人ほどよく描く!?

タイトルにもありますが、どうしてそういうことが言えるのでしょうか?? 大事なことはふたつ!! 今回はデッサン の基礎とも言えるりんごを使って説明していきたいと思います。  1描く前の見方とは?? まず …

(アクリルガッシュ)バラを描くPart1

今回はバラを描いてみました!花って描く上で気をつけるポイントが沢山あるので難しいですよね、、、今回は僕がいつも意識している事を伝えていきたいなっと思ってます! まずは背景 今回はコンクリとか廃墟とかそ …

(デッサン )手の描き方!これが分かれば全てに応用できます!!

こんにちは!!!こよです。 今回はデッサン で、手を描くためのポイントをまとめていきたいと思います! これが理解できると手以外のモチーフにも応用が利くので、ぜひ覚えていきましょう!! 手を制するものは …