こよ制作日記

Just another WordPress site

アクリルガッシュ 趣味絵

金魚の描き方!

投稿日:

前回の続きです!前回はマチエルの説明を行いました。今回はついに金魚の描き方について説明していきたいと思います!!!

最初に考えること

光がどこからきているかをまずは考えます!!今回の場合だと画面の右側から来るように設定しました!そこから金魚のベーストーンを作っていきます!!

こんな感じで把握できると理想的です

さらば、色ムラ

絵の具で描くときに一番最初にネックになって来る事が、色ムラによって絵が汚く見えてしまう事ではないでしょうか??表現によってはムラをあえて描いてくこともありますが、リアルに書いてく場合基本色ムラは障壁になることでしょう、、、。油絵だったら乾き時間が遅いから、キャンバス上で混色することもできるけど、アクリルガッシュは速乾性で色のグラデーションが決まりづらい

(泣)。

アクリルガッシュのぼかし

そういう時は、絵の具をのせる前に紙を水で湿らせる!!!これをやるかやらないかで描きやすさは全然違ってきます。水のお陰で乾き時間を遅らせる事ができるので、キャンバス上でのグラデーションが決まりやすいです!!絵を描く時はぜひ試してみてください(笑)

こんな感じで湿らせた紙の上に絵の具をのせると、筆跡が残りにくく、ぼかしが綺麗になりやすい。

固有色オレンジの配色

そのもののモチーフの色のことを固有色と言います。例えばリンゴだったら赤、みかんだとオレンジ、レモンだと黄色。

今回の金魚の場合だと、固有色はオレンジです!固有色がオレンジのモチーフの時光面には黄色系の色を使い、影面に鈍い色を使うと綺麗に決まりやすいです!!

具体的に

光面  レモンイエロー パーマネントイエロー パーマネントイエローディープなどなど

影面  ライラック オリーブ 木蘭色 アッシュローズなどなど

基本、色をのせる時はモチーフを見て色を合わせる努力を惜しまない事が大事です。あとは金魚の鱗やヒレを描き込んでいきましょう!!

以上で解説は終わりです!!以上を踏まえて描いていけばきっと前よりうまくかけるはずです!!ぜひ何かを描いてみましょう!!!では最後まで見てくれてありがとうございます!!次回もまた見にきてね!!

-アクリルガッシュ, 趣味絵
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

(アクリルガッシュ)タツノオトシゴを描くPart2

前回の続き! 今回自分なりに気をつけた場所が、体と顔の境界です。 ベースの状態から………… 少し加筆して………… 顔と体の間をより分かりやすくなるように加筆。 体と顔などの大きな情報は分かりやすいほと …

(アクリル色鉛筆)カルノタウルスを描く!Part2

最近使い始めた色鉛筆ですが、色々な種類を試しています、特に色々調べた中で今のところ、カリスマカラーという色鉛筆は1番色のノリが良く発色もいい感じです! カリスマカラー。10000近くしました泣高い、、 …

(アクリルガッシュ)バラを描くPart1

今回はバラを描いてみました!花って描く上で気をつけるポイントが沢山あるので難しいですよね、、、今回は僕がいつも意識している事を伝えていきたいなっと思ってます! まずは背景 今回はコンクリとか廃墟とかそ …

アクリルガッシュ)タツノオトシゴを描く

タツノオトシゴ 見た目すごい面白いですよね!描いてるとなんだか顔が龍みたい、、、と思います笑 昔から龍や馬の顔に似ているという事で、カイバや竜の落とし子、ウミウマ、タツノコなどちなんだ名前が沢山あった …

(アクリルガッシュ)トリケラトプス Part1

トリケラトプス 恐竜といえばトリケラトプス!というくらい有名な恐竜ですよね? やはりなんといってもカブト型の顔は不思議だと思います。進化の過程で生まれてきた形なんでしょうが、なんとも遊び心のある進化だ …